仮想現実へ入るベイカー街の亡霊

仮想現実へ入るベイカー街の亡霊

 この作品はコナンと少年探偵団、そして毛利 蘭がシンドラーカンパニーが開発した仮想現実へ入るという最新型ゲーム機”コクーン”を使用して、19世紀末のロンドンのシャーロックホームズの世界で小説内に出てきていて、世紀末のロンドンを騒がせた殺人鬼、ジャックザリッパーを捕まえるという物語です。これと同時に現実世界ではシンドラーカンパニー社長の殺人容疑を工藤優作がなぞといていきます。最後にはやはり蘭の回想シーンが入り、物語が無事解決します。

 個人的にはコナンの映画の中で最もSF的で最も面白い作品だと思っています。子供同士が協力し合って、時には自分を犠牲にしながらコナンにすべてを託し解決のための道を切り開くというストーリーが自分の性格とマッチしているからです。最近のコナン映画ではなかなか見られない綿密に組まれたストーリーを中心に視聴者が楽しめるようなクフなどが最後までこらされている作品だなと思っています。

 また最初にこの作品を見たというのも影響してこの作品が一番好きだと思うのかもしれません。レンタルショップでこの作品を借りたのですが、見て以降コナンの大ファンになってしまいました。そんな関係で一番好きなキャラクターは王道ですがやはりコナンです。すこし見せびらかすところなどがありますが頭脳明晰で運動神経もよい、また冷静に物事を判断していく一方、蘭への恋愛ではお互いを好きとあまり言えない純情さがおもしろく、好きだからです。

↑ PAGE TOP