劇場版名探偵コナン 「銀翼の奇術師」は最高です!

劇場版名探偵コナン 「銀翼の奇術師」は最高です!

 銀翼の奇術師と書いて銀翼のマジシャンと読むらしいです。自分は、ずっと「銀翼の魔術師」だと思っていました。とにかく、この映画が好きな理由は、探偵ストーリーの内容よりは、蘭と新一の関係性について多く織り込まれている所です。蘭が、この話のところどころで、コナン=新一ではないかという疑いを深めていきます。そして、ラストの辺りで、蘭が、コナンの正体を新一だと気づいてしまいそうになるシーンがあります。そして、そこに怪盗キッドが、「工藤新一」の変装をして、現れるのです。コナン自身がとても驚いたシーンです。

 コナンのいる前に、(キッドの変装姿の)新一が現れたので、蘭は、「コナンと新一は別人だ」という結論に納得します。コナンシリーズの中で一番、印象的なシーンです。怪盗キッドは、ライバルである工藤新一の正体がばれるピンチを救ったわけです。そのシーンで、コナンはキッドにお礼を言ったと思います。キッドの返事は、キッドの飼っていた白いハトの手当のお礼だったと思います。

 コナンは、以前にキッドの白ハトが負傷していたのを助けてあげたのです。その白ハトを連れて、怪盗キッドは夜空に消えて行ったシーンが記憶にあります。確か、白い羽をひらりと舞わせて。このキザな感じの怪盗キッドが、最高にかっこ良かったです。

 コナンは10年以上の間、テレビアニメやDVDで見ています。一番好きなキャラクターは、怪盗キッドです。白いスーツ姿が決まっているし、新一に似ているし、普段は普通の学生みたいですし。超人的な能力もカッコいいです。何と言っても、声優さんが山口さん!これは最高です。工藤新一の声と一緒ですが。怪盗と言いつつも、結構いい人だったりするところも、魅力的です。

↑ PAGE TOP